banner

フラッシュ式

レーザー式脱毛とフラッシュ式脱毛の違いは何でしょうか。どちらも、黒や茶色にのみ吸収される光を当てて、毛の根元の細胞が働かないようにします。つまり、毛母細胞を死滅させて、毛を再生しないようにするのです。脱毛後、毛穴は縮小して目立たなくなります。
レーザー式の方が古い方法で、軽い痛みを伴うといわれています。また、黒や茶色などの濃い色に反応して、熱が伝わるので、日焼けしている人やほくろなどのある場所にこの治療法を使うとやけどのような症状になる場合があるそうです。ちょっと、怖いですね。
痛みといっても、輪ゴムをひっぱって手を離されるようなパチンという感触だそうです。
処置後は、脱毛冷やすことを進められるそうです。
フラッシュ方式は、レーザー方式をさらに改良してつくられたもので、痛みはほとんどないといわれています。
この二つの脱毛方法の残念な点は、一回の照射では全ての毛髪を処理することが出来ない、ということ。今、表面に出ている毛は、全体の20%ほどなので、これを脱毛しても、残り80%は、また生えてきます。つまり、ある部分に対して5回以上の処置をして始めて、完全に脱毛が終わる、ということになるんですね。
5回以上の処置が必要でも、完全脱毛できる日が来るのなら、私はそれがいいなぁ。。。と思います。

注目記事

banner
脱毛の種類

記事を見る

banner
フラッシュ式

記事を見る

banner
レーザー式?フラッシュ式?

記事を見る

Copyright(c) 納得できるお手入れは?. All Rights Reserved.